能楽堂見学ツアー

●茶と能
※ご参加の場合は必ず下記の申し込みフォームからお願い致します。



宝生能楽堂見学会


武井宗道と一緒に、宝生能楽堂を見学しませんか?


この度、宝生能楽堂のご厚意により、見学会を開催することとなりました。
今年は再建されてから四十周年と記念すべき年でもあり、能に嗜まれている方はもちろん、能を見たことのない初めての方でもお楽しみ頂ける見学ツアーを企画いたしました。
今回は、能楽師の方々にご案内頂きまして、装束などの体験のあとに、ロビーで一服。最後はお能の実演を拝見できる大変貴重な機会となっております。
是非是非、ご参加ください!



●宝生流とは
能楽は、古代日本に渡来した芸能を起源とし、仮面劇、歌舞劇として洗練を遂げた、日本独自の芸能です。宝生流は、能楽の諸役のうち、主演などを勤めるシテ方の流儀の一つで、能楽の始原となった大和猿楽四座のうちの、外山(とび)座(宝生座)を継承した流派です。


●宝生能楽堂
宝生能楽堂は、昭和54年に再建され、宝生流の拠点として「宝生能楽堂」と命名されました。舞台は、再建前に使用していたものを解体保存して洗い直し、復元され、それまでの名人たちの踏んできた由緒ある舞台が活かされています。今年は、再建四十周年にあたり、今後も多くの観客を魅了するために、さらなる工夫や改善が今も進められています。


●能と茶の湯
茶の湯において、能の幽玄性はもちろん、その精神性が侘び寂びの境地として取り上げられたり、物語性が大切な茶道具の名前の由来になったりと、利休の頃より大きな影響を受けています。
当日は能と茶の湯のお話もできればと思っております。



どうぞ宜しくお願い致します。

武井 宗道



【内容】

能楽堂ツアー(普段は入れない舞台や楽屋などへも入ります)

装束、能面体験(有志の方)

ロビーにて茶を一服(ひきたての抹茶、菊家さんの和菓子)

実演(能楽師の方々に御披露頂きます)

解散




【日時】
7月27日13時~15時

【場所】
宝生能楽堂
〒113-0033 東京都文京区本郷1丁目5−9

【参加費】
1万円

【定員】
30名

【持ち物】
白足袋
※舞台に上がるため使用します。白ソックス不可。


【参加方法】
こちらからお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/1PRr2kKjZXEq26oALpo7UL5qBqEQQLsAgU2FORNmK_PQ/viewform?edit_requested=true

※お申し込みから3日以内にSOTO茶会事務局より確認のメールをお送り致します。設定などをされている方はsotocha.office@gmail.comからのメールを受け取れるよう、お願い致します。